オーディオ再生における有害なエネルギーは非常に複雑な問題と見なされますが、時にこの認識は誤解を招きます。現象の評価が複雑であることは事実ですが、それが構造的な方法で対処されていればそれを扱うことは容易であると私達は考えました。 Black Ravioli製品を設計する際には、そのようなエネルギーの影響を次のカテゴリに分割しました。

 

 

ほとんどのオーディオシステムは直接的な影響をそれほど考慮されていないと言っても過言ではありません。忠実度(再現性)の高いオーディオを十分に体験するには、システム動作中の3つのカテゴリすべての影響を考慮する必要があります。このシナリオでは、より複雑な一連のイベントと、システムの境界が決して同じではないケースがあります。メーカーは機器の動作を前提とするだけですが、Black Ravioli製品は直接的な脅威と戦うために設計されているので、機器の効果を存分に発揮しさせます。

「どのように」、「いつ」、「どこで」、「どの程度の軽減」をシステム全体のソリューションに適用するかを特定することが重要です。あまりにも多くの吸収は、周波数を重視するのが賢明であるように、音楽そのものを失う事と同じであると考えています。

これらのすべての側面を考慮し、バランスのとれた解決策に到達するために、私達は動作中の典型的なオーディオシステムの全体的なシステム分析を実施しました。これには以下が含まれます。

私たちは、振動に関する機器サポート(ラックやテーブル)についてのクレームを行わないという評価に厳しい制約を課し、安定性と負荷容量のみが評価しました。この制約を設けることで、既存のテーブルをソリューションの一部として継続して使用することができます。

現在のBlack Ravioli製品は、上記の問題を考慮し、柔軟で構造化された費用対効果の高いエネルギー制御ソリューションを提供いたします。これは、3つのカテゴリすべての振動から生じる脅威を緩和することを目的とした受動的なシステムです。これは、振動の査定された脅威に比例して適用される分離、収集、散逸の方法によって行われます。